直方市 車のメンテナンスに関して 外装編 昭和自動車鈑金塗装工場

画像
車のメンテナンスに関して 外装編

title

鈑金屋が教える車のメンテナンス!

 車の小キズっていつの間にか付いてるけど・・・

洗車をされると小キズがいっぱい付いている事に気付いたりしませんか?
あの小キズは車の表面にあるクリアコートに飛び石や洗車機によって薄い線キズが付いてしまうためについてしまうものです
クリア層は結構柔らかい物で、固く絞った濡れタオルで拭いても線キズが付いてしまう事もあるくらいです
特に西日本や九州は黄砂の影響もあって小キズがつきやすい状況にあります
そんなわけでピカピカの新車状態を保つのは結構大変なのです

 小キズを目立たなくするにはどうするの?

小キズ自体を消すには当店のような専門業者や個人で専用機械とコンパウンド(磨き粉)を購入して磨き上げるしか方法がありません
それをするとなると万単位のお金がかかってしまうのでお財布と相談して決断されて下さい!

じゃあ他に方法は無いの?となると一番手っ取り早いのが「ワックスをかける」です
ワックスをかけると表面の小キズをワックスが埋め、最後の磨きの段階で表面を均一にしますので傷が目立たなくなります!

 オススメ商品のご紹介!

私が実際に使用しているのはワックス成分が入ったカーシャンプーですね。
スポンジにつけて泡立てながら洗っているだけでワックスがかかると言うもの。
ホームセンターで1000円ほどで購入できますし、色々と種類があるので「これだ!」と思うモノを購入されると宜しいかと思います
ただし汚れがひどい場合、カーシャンプーをする前に水である程度洗い流しておかないとキズが増える原因になりますのでそこだけは要注意です!

これだけでも結構きれいになりますが、もっとキレイにしたいならその上からスプレータイプやフォームタイプのコート剤をかけるとなお良しです!
オススメはFW1と言う商品ですね
水なし洗車とワックスを謳っていますが、個人的には洗車後のワックス剤として使用しています
amazonなどでも購入できますので、試してみてはいかがでしょうか?

 塗装を劣化させる物と対処法

塗装を劣化させる物の代表格は大きく3つあります
1.紫外線
自動車の塗装面も日焼けして劣化→色あせを起こしてしまいます
そのため塗装面を保護するためにワックスなどの保護層を追加してあげると劣化が抑えられ、塗装が長持ちします!

2.虫
昆虫の体液は酸性ですので、付着しているとかなり強く塗装を侵します
さらに夏の日差しでボンネットなどが焼けてくると焼きついてしまうのでさらに取れなくなって色も変色してしまいます
この場合は小まめに洗って取れなくなる前に落とすのが最も効果的です
頑固な場合は中性洗剤を薄めて男性用肌着(上着で綿100%の物。使い古しだとなおベスト)の生地で優しくこすってあげるとキレイに落ちます!

3.ウォッシャー液
フロントガラスなどの清掃に使うウィンドウウォッシャー液ですが、実はこれ、ガラスの清掃にはいいのですが、ボディに着いて乾燥してしまうと水よりも激しいウォータースポットになりますし、中性以外のものを使用すると塗装面を侵してサビを発生させる事もありますので要注意です!
当店の場合、お客様からの要望がない限り水道水を給水しています!

水道水でもかなり奇麗になりますし、頑固な汚れは拭けばOKですしね(*・ω・*)

車両販売の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!