直方市 旧車の保管方法 昭和自動車鈑金塗装工場

画像
旧車の保管方法

旧車を長持ちさせる保管方法

 「旧車の天敵をいかに排除するか」がポイント

旧車の天敵は何といっても湿気からくるサビ!
サビは湿気(つまりは水)を媒介に起きる酸化反応なので、防錆能力の弱い旧車はいかに湿気のない環境で保管できるか、がポイントになってきます

理想を言えば
「シャッターと換気扇が付いた車庫で保管し、車庫内にはドラム缶いっぱいのもみ殻かエアコンを設置する」
のが最も長持ちする保管方法だと思いますが、現実的じゃないですよねぇ・・・

 車庫をお持ちの方の場合

直接風雨にさらされない車庫・ガレージをお持ちの場合、上記の通り車庫内の湿気を除去するためにドラム缶(最低でも一斗缶)のもみ殻を設置できればOKです
というより湿気が除去できればいいのでもみ殻に限らず湿気が取れるものを車庫内に置きましょう

 車庫をお持ちでない場合

車庫をお持ちでない場合、やれることはいろいろあります
まず車体底に防錆塗料を塗布すること
風雨に晒されるのも良くないことなのですが、地面から蒸発してくる水蒸気が一番錆を起きやすくする原因です
上ってきた水蒸気は車体下に滞留しますからね

風雨を避けるためにカバーをかける、というのも条件によっては悪手となります
雨が上がったらカバーを外しておかないとカバー内に蒸発した雨による湿気が滞留し、サビを促進させてしまいます
あとは雨が上がってカラっと晴れたらドライブに行って湿気を吹き飛ばしましょう!

 旧車の長期保管にお勧めのアイテム

旧車を保管するときに気を付けなければいけないのはサビです
このサビですが、車体だけではなくエンジンなどの内燃機関もサビが発生しますのでその辺もケアしてあげましょう
おススメのアイテムは「押し入れ用湿気取り」と「ガソリン用の防腐薬剤」の2つです

旧車の室内って結構湿気が篭るんです
この湿気が室内のサビを起こさせる要因になってしまっているんです
そこで使うのが押し入れ用湿気取り!ホームセンターなどで数個セットのものでOKです
これを室内とトランクに数個入れておけば室内の湿気は克服できます

配管内やエンジン内、タンク内のガソリンが腐るのも給油系統のサビを起こさせる原因ですのでガソリンには防腐剤を入れておきましょう
市販の物でもOKですが、WAKO'Sのフューエルワンも同様の効果がありますので給油の際に入れておくのもいいかもしれませんね!

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0949-22-3072
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お見積りフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!