直方市 修理実例 キューブ 左側凹み修理  昭和自動車鈑金塗装工場

画像
修理実例 キューブ 左側凹み修理 

title

左側を大きく損傷したキューブの修理です!

フロントドアとステップを修理

 フロントドアとステップを修理

左フロントドアとステップをポールのようなものにぶつけてしまって凹ませてしまったお車です

ステップはこれくらいなら鈑金で修理可能ですが、ドアは交換した方がいいでしょうね・・・
というわけで早速修理に入ります!

ステップの修理完了!

 ステップの修理完了!

というわけでパパっとステップの修理を行ってサフまで入れちゃいました!

具体的な方法はスポットプーラーという特殊な機械で少しずつ引き出しながらハンマーで成形したりサンダーで削ったりして形を復元していきます

形になったら表面の凹凸だけパテで成形して研磨

その後サフを吹き付けると写真の状態に!

ちなみにこういう凹みをきちんと引き出さずにパテで隠しちゃうとちょっとした拍子にゴトっと外れてしまいますので、そんな修理は修理と言えません

ドア交換の理由

 ドア交換の理由

正直な話、ドアの凹みを鈑金で修理しろと言われたらできなくはないんです
交換にした理由は写真に写っているドア内部にあります
ドアの内側には補強用の鉄骨やパイプが入っていますが、ドアをぶつけるとこの部分に接触し、かなり波打った形になってしまいます

また写真の通り鉄骨やパイプとドアの鉄板を接着している接着剤がはがれてしまい、接着しなおしたとしてもビビリ音の原因になってしまうことが多いんです

なので当店の場合、お客様からの強い要望や交換部品の在庫状況でやむを得ない場合を除き、損傷範囲の広いドアは交換をおススメしています
その方が奇麗に仕上がりやすく、またビビリ音などの後顧の憂いがないからです

塗装しまーっす!

 塗装しまーっす!

ドアの交換が済めば塗装を行います!
今回の色はちょっと珍しいクラフトダンボール(カラーコード:CAD)という色なのですが、こういう色は塗装が難しいんです
調色するにしても微妙な色の違いが出やすく、またちゃんとボカシ塗装をしないと塗ったところがバレバレになっちゃうんです

そんなわけでボカシ塗装を含めるとこんな感じの塗装範囲になります
塗装が乾いたら表面のブツを根気よく取っていき、ドアの内側の部品などを取り付けていきます

完成!

 完成!

部品を取り付けていけば完成です!
完成後最終点検を行って、取り残したブツなどがないかしっかりと確認します
あった場合はブツ取り→磨きと作業していきますよ!
確認も終わったら洗車してお渡しとなります

ありがとうございました!

板金塗装の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!