直方市 修理実例 ベルタ 外注 直方市より 昭和自動車鈑金塗装工場

画像
修理実例 ベルタ 外注 直方市より

title

トヨタ ベルタ 外注

某ディーラーより外注として入庫しました。

 某ディーラーより外注として入庫しました。

以前から外注をして下さるディーラーからのご依頼です。
外装の損傷はかなりひどく、トランクにも当たっているようでずれてしまっています。
また当たった影響で丸く囲った部分に歪みが出ています。

まずは右ボディの歪みとトランクのズレから修理していきます!

まずは歪み&ズレの修正完了!

 まずは歪み&ズレの修正完了!

バンパーとテールランプを外してみると損傷の具合が良く分かります。

ボディの歪みはぶつかった衝撃で右のテールランプ周りが押された結果発生していました。
押された部分を引き出すと歪みは綺麗になくなりました!
それでも少しだけキズや凹みがありましたので、軽度の板金を施します。
トランクも大きな凹みはありませんので、ヒンジの調整と軽度の板金で済みました!

調整、なかなか合わないので結構大変な作業だったりします(苦笑

バックパネルを交換します。

 バックパネルを交換します。

バックパネルはリアバンパーなどが付く部分です。
スポット溶接と呼ばれる溶接で溶接してありますが、これを全てドリルで削り、微調整しながら位置あわせをします!
もちろんボディが変形していたり、ひずみがある場合には先にそちらを修正しなくてはいけません。

位置が決まったら今度は溶接です。
特殊な溶接機を使い、電気で溶接していきますよー!

サフ入れ&中塗り

 サフ入れ&中塗り

溶接が済んだら板金はお終いです。
今度は塗装に入っていきます!

塗料の定着を促すためサフ(サフェーサー)を塗装します。
サフが乾いたら今度は中塗りと呼ばれる塗装です!
室内やフロントフェンダーの内側、トランク内部などは直接風雨に当たることがないためクリア塗装をしていません。
そこで塗料のみを塗装しますが、これを中塗りと呼んでいます。

中塗りを施したら乾燥を待って、本塗りへと進んでいきます!

本塗り→組み付け

 本塗り→組み付け

本塗りが終われば乾燥させて、表面のブツ取りや塗装のチェックを行います。

それも済んだら組み付けの開始です!
ここまできたらもう少し!

新品パーツもあるので慎重に作業していきますよー。

最終チェックして完成です!

 最終チェックして完成です!

組み付けが終わると必ず最終チェックを行います。
塗装は大丈夫か、チリは合っているかなど細かくチェックしていきますよー!

チェックが終わると手洗い洗車を行って納車となりました。
ディーラーの方にもご納得いただけたようですのでそのままお渡しとなりました。

ありがとうございました!

板金塗装の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!