直方市 HVバッテリー交換実例 GWS204 クラウンハイブリッド 北九州市より 昭和自動車鈑金塗装工場

画像

  • HOME
  • 車検/修理
  • HVバッテリー交換実例 GWS204 クラウンハイブリッド 北九州市より

HVバッテリー交換実例 GWS204 クラウンハイブリッド 北九州市より

 数か月に渡りHVバッテリーの状態を観察しての決断

2020年10月ごろに「HVの警告灯が点灯した」とのことで当店にご来店いただきました
「HVバッテリーの交換となると金額が大きいので買い替えを勧められるけどまだ乗っていたい」とのお客様のご希望に沿えるようにしっかりと対応させて頂きます!

診断機で点検してみると確かにHVバッテリー劣化という結果が出ました
と言ってもたまーにセンサーの誤作動ということもありますので、フリーズフレームデータという異常コードが出た際の車両の状況を記録したデータを控えつつ、一旦異常コードを消去して再現性チェックのためお客様に乗って頂きます
センサーの誤作動なら再現性はありませんので費用も2000円程度で済みますからね!

そして2021年2月に入ってもう一度警告灯が点灯したので再度フリーズフレームデータを控えつつコードを消去してお客様に乗って頂いていましたら、3月下旬には同様にHVの警告灯が点灯しました
フリーズフレームデータを過去の物と比較してみると以前と同様にバッテリブロックNo.12の電圧のみが12.99Vと下がっています
再発の期間も短くなっていますのでお客様とご相談してHVバッテリーの交換ということになりました

 摘出からの交換!

というわけで新しいHVバッテリーが届いたので摘出して交換しちゃいます!
クラウンハイブリッドは搭載場所などは30型プリウスと同じなのですが、ボルテージセンサーの取り付け位置などがちょっと違う位です

なんて思っていた時期が私にもありました…

30プリウスは後部座席を取り外すと大きな穴が開いているので取り出しやすいリアドアから本体を取り出せるのですが、クラウンハイブリッドにはその穴がありません
必然的にトランクから取り出さなくてはいけませんが、まぁこれが重い!
1.内装を外し
2.補器バッテリーを取り外し
3.その他諸々を取り外して中にキズを入れないように段ボールを敷き
4.引きずり出して持ち上げる


という作業になりますがHVバッテリー自体の重量が20㎏位あるんですよねぇ…

取り出して新しいバッテリーにボルテージセンサーなどを移植して車内に戻して元通りに組みなおせば完成です!

今回の金額は
HVバッテリー(リビルト) 194000円
取替工賃  26000円
税込み合計  242000円

となりました!ありがとうございました!

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0949-22-3072
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お見積りフォームはこちら

車検/修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!